安全にお金を借りることのできる場所

即日キャッシングやスピード融資などのサービスの内容を聞くと、審査に大きな時間がかからない、申し込みをインターネットからできるなど、非常に気軽にお金を借りることができるというイメージがあるかと思います。しかし、スピード性のあるサービスでお金を借りるのは危険なのでは?と不安に思う人がいるかもしれません。実は、サラ金や銀行系カードローンは非常に安全なのだそうです。


お金を借りるのは安全な会社で

銀行が行うカードローンというと安全にお金を借りることができると思えるかもしれませんが、サラ金に対してはまだ、危険だと思う人もいるかもしれません。しかしサラ金のルールなどを定めている貸金業法という法律も、平成18年に改正され、今は非常に安全になっていることも、事実なのです。
サラ金比較大辞典・・・大手のサラ金情報を掲載しているポータルサイトです。


グレーゾーン金融という危険な金融機関も

違法な金利などでお金を借りることをすすめてくるような業者などを、グレーゾーン金融という名前で呼ぶことがあるそうです。町の電信柱などに携帯電話だけが貼ってあるものもそうといえます。このようなところではお金を借りることを控えるようにしましょう。万が一、違法な金利の取り立てや、脅迫行為などがあった場合には警察へ相談しましょう。弁護士など専門家も交えることをおすすめします。

銀行でも少ないお金を借りることができる

銀行でお金を借りるというと、住宅ローンや不動産ローンなどの、大きな融資をさすものというイメージが強い人も多いかと思います。このようなローンではお金を借りるために担保や保証人も必要となっていましたから、余計に、敷居が高いというイメージがあったかと思います。


少ないお金を借りることができるサービス

少ない金額で、保証人などの制度もいらないものは今まで、消費者金融などがメインで行っていた少額ローンというものでしたが、銀行でも、このように気軽にお金を借りることのできるローン商品の扱いが増えているそうです。中でも、即日キャッシングなどと呼ばれている、スピード処理をメインにした商品の人気は、銀行系カードローンでも高いと言われるそうです。


利息も安いことが多い

銀行系カードローンなどと言われるサービスでは、今まであった消費者金融の商品よりも少額ローンの利息が安いことも多く、利用者も徐々に増加しているそうです。消費者金融では明確になっている借金が可能な上限金額も、銀行では明確に年収に対する制限などもないことから、審査そのものは厳しいことも多い代わりに、限度額の高いものも扱いが増加しているそうです。特にネットバンクは勢いがあると言われるそうです。

お金を借りるなら返済に便利なところで

あと少しだけ、生活費や交際費などが足りないという場合には、消費者金融や銀行が行う少額ローンというサービスでお金を借りることができるそうです。審査にも必要な書類が本人確認書類だけでいいなど、お金を借りるときにかかる負担は少なくなっているそうです。


お金を借りるなら返済日もチェック

お金を借りるときにも、もちろんお金を返済するためのやりくりや計画などもきちんと考えていることと思いますが、返済にかかる手間が案外大きいと、ストレスになりやすいそうです。利息などはもちろんですが、返済する日付なども忘れずに確認しましょう。返済日は選ぶことができる会社が増加していきているそうですから、選べる場合には、お給料日などとのバランスのいい日を選びましょう。


ATM手数料などもチェック

返済でも借り入れの際にも、お金を借りる会社の多くがATMの活用を行っています。そのため返済ではATM手数料が無料でも、追加借り入れなどでは手数料がかかるという会社もあるそうです。消費税増税で手数料も高くなったところが多いと言われていますから、ATMなどの利用手数料を無料で利用できる会社かどうかというのも、無駄なお金をかけずに返済や借り入れを行える会社かどうかのポイントになるかもしれません。

お金を借りる制限を知ろう

キャッシング行う金融機関に、消費者金融や銀行など、どんどん身近になってきていると言われているそうです。審査にかかる時間も、銀行まで即日融資などのサービスを開始したこともありますし、敷居そのものは非常に低くなっていると考えられるでしょう。


お金を借りる上限はどうなっている?

簡単に借りられる、という認識をしてしまいがちですが、お金を借りるための審査では、貸し過ぎないことや、返済をきちんと遂行できる人にしか貸さないという判断を行っているそうです。消費者金融と銀行でも上限が変わってきますが、明確に上限を定めているのは消費者金融で、年収の3分の1までと定める総量規制という法律もあるのだそうですから、身近になっても、上限もなく、どんどん使えるとは思ってはなりません。


自分に収入があることを原則に

一部の銀行では専業主婦に限定して、収入が本人にない場合の融資も行うそうですが、お金を借りる場合には、原則としてアルバイトなどでもいいので、安定して毎月の収入を得ていることが条件になっているそうです。無条件にお金を貸してくれるというわけではなく、返済がきちんとできる条件がある場合に、その人の収入に合わせて無理のない金額の貸し付けを行っていると考えるといいかもしれませんね。

お金を借りると将来の大口融資はどうなる?

少ない金額で、少しだけ足りないお金を借りることのできる場所が増加傾向にあるそうです。消費者金融や銀行で、審査に多くの手間をかけずに利用できるということから、若いときに借りた経験があるという人も多いそうですが、将来への影響を不安に思う人もいるかもしれませんね。


お金を借りると住宅ローンに影響する?

簡単に審査を終えることもできる少額ローンでお金を借りることで、その経歴そのものは住宅ローン審査でもわかると言われています。そのため、何も融資を受けたことがないという人よりは、やはり少しばかり銀行なども気にすることがあるかもしれないそうです。しかし何より印象が良くないのは、返済が大幅に遅延する、かえしていないお金があるというような事故情報だそうです。


返済をきちんと終えること

返済が一度や二度遅れても、今すぐに何か大きな影響は確かにありませんが、やはり将来的に大きな融資を受ける可能性などを考えると、できればお金は借りないほうがいいですし、クレジットカードなども含めて、割賦払いで延滞や滞納があることは非常によくないと言われるそうです。そのため今、お金を借りるのだとしたら、返済にはより細かく気を付けて、繰り上げ返済などでなるべく早くに借金をなくすようにがんばりましょう。