お金を借りるのは自分のため?

お金を借りる決意をして、実際にさまざまな手段でお金を受け取ったとして、そのお金は自分のためにつかうものでしょうか。
も自分で稼いで手に入れたお金ではない種類のお金というのはえてして使い方を慎重に選ぶことができずにすぐ使いきってしまうものです。悪銭身に付かず。
ですが、そのように前もって自分で気を付けていれば借りたお金であっても慎重に利用することができるでしょう。そのお金の使い道は誰のためでしょうか。きちんと自分の実になるお金にしましょう。
自分の現在の状況、これから予想される事案、それぞれをしっかり考えたうえでお金を使いましょう。


生活費のためにお金を借りる

お金を借りる理由でもしかしたら一番多い理由かもしれないのがこの理由。生活に困ってしまって、その生活を送るためのお金を誰かから借りる、というもの。これに関しては使い道が定まっていますし、無駄遣いするということも少ないでしょう。
お金がない状態は、体の健康を損なってしまうだけでなく、精神的にも悪影響をおよぼします。お金が理由で生活に困っているという方なら無理せずお金を借りることを選ぶ必要があります。早めにお金を借りることで解決できる種類の問題もありますし、時間は買い戻せません。


自分ではない誰かのためのお金

その借りたお金がもし、誰かのためではない他人のために使うお金だとしたら、もう一度考えてみる必要があります。そのお金を使う相手は本当に信頼に足る相手でしょうか。もし、その人物にお金を使うことで何か対価を得ることを前提にしているとしたら、その対価は必ず受け取れるものでしょうか。
お金の扱いにはデリケートさが求められます。お金の問題は一生にかかわるものになる可能性すら秘めているので、自分のためではない、予想がつきにくい種類のお金の扱いには気を配ってください。


未来への投資のためのお金

もしそのお金を現在のためでなく、未来さらにふえる「かもしれない」お金として利用するのもおすすめできません。例えば、ギャンブル。ギャンブルの掛け金のためにお金を借りる人も多いですが、これは危険です。「借りた分は取り戻せば良い」と言うのは簡単ですが、それだけギャンブルによって手に入れられる確率は極めて低いです。ギャンブルで失ったお金をまた借りたお金でまかなう、ということの繰り返しで、状況が一向に良くならない、なんて話もあちこちで聞きます。まず一歩目の選択を間違えなければ、そのような借金のスパイラルにはまることもないので、しっかり自制心を持っておく必要があります。

参考→お金がない人の解決NAVI|お金を借りる・稼ぐ等様々な方法を紹介

安全にお金を借りることのできる場所

即日キャッシングやスピード融資などのサービスの内容を聞くと、審査に大きな時間がかからない、申し込みをインターネットからできるなど、非常に気軽にお金を借りることができるというイメージがあるかと思います。しかし、スピード性のあるサービスでお金を借りるのは危険なのでは?と不安に思う人がいるかもしれません。実は、サラ金や銀行系カードローンは非常に安全なのだそうです。


お金を借りるのは安全な会社で

銀行が行うカードローンというと安全にお金を借りることができると思えるかもしれませんが、サラ金に対してはまだ、危険だと思う人もいるかもしれません。しかしサラ金のルールなどを定めている貸金業法という法律も、平成18年に改正され、今は非常に安全になっていることも、事実なのです。
サラ金比較大辞典・・・大手のサラ金情報を掲載しているポータルサイトです。


グレーゾーン金融という危険な金融機関も

違法な金利などでお金を借りることをすすめてくるような業者などを、グレーゾーン金融という名前で呼ぶことがあるそうです。町の電信柱などに携帯電話だけが貼ってあるものもそうといえます。このようなところではお金を借りることを控えるようにしましょう。万が一、違法な金利の取り立てや、脅迫行為などがあった場合には警察へ相談しましょう。弁護士など専門家も交えることをおすすめします。

趣味に使うお金を借りることはできるの?

銀行や消費者金融でお金を借りるとなると、なんだか敷居が高いように思えてしまいますよね。
「住宅ローンなどのちゃんとした目的でないと借りてはいけないのかな・・・?」と思ってしまう人だっているでしょう。
では、キャッシングをする目的はどこまで広げていいのでしょうか?


普通のローンならばお金を借りる目的を問われる

住宅ローンや自動車ローンなど、お金を借りるときのサービスにはその目的を明確にあらわした名称がつけられていることが多いです。
そうでなくても、一般的なキャッシングの場合は申し込み書類に借りたお金の使い道を書かされ、チェックされることがあります。
「この目的だとお金を貸し出すことはできません」といったことで申し込みをお断りされることもしばしばあり、正直この目的のところは多くの利用者にとってネックになっているようです。
いろいろと考えなければならないことはありますが、お金を借りる目的に不安がある人は、フリーローンを利用してみましょう。


お金を借りる目的を問われないフリーローン

フリーローンの最大の特徴は、「借りたお金は事業目的以外だったらどんなものにも利用していい」ということです。
つまり、旅行代金や趣味といったものでも借りたお金を利用してもいいというローンなのです。
目的を問わないという意味での「フリー」ですので、何に利用するかは利用者の自由です。
さらにこのフリーローンには独特な特徴があります。
それは、低金利で借りられ、追加の借り入れができなくなっているという点です。
そのため、ちょっとしたお金を短期間で借りたいという人には特におすすめです。
通常のローンのように長い期間にわたって返済していくわけではないので、気持ち的にも楽になれますよ。

お金を借りることで解決する問題

生きていれば皆一様に、悩みや問題を抱えて生きています。
その問題の大きさ、種類は異なります。その人の立場、職業、年齢などによっても異なってきます。それらの問題を解決できたのこしたことはありません。
悩みがまた悩みを呼ぶ、ということもありますが、問題は少しでも少ないことに越したことはありません。少しでも解決に近づけるように努力を怠らないようにしたいですよね。


お金を借りることですぱっと解決

悩みや問題の多くは実はお金で解決することができることができるものがほとんどです。
もちろん、病気などお金ではどうにもならないこともありますが、悩みを薄らぐことはできます。
他人とのいさかいは、謝罪の心のあらわれとしてお金が使われることが多く、その慰謝料の支払いのためにお金を借りることも多いです。
お金は万能ではありませんが、強い力を持っています。


お金があれば幸せ?

ではお金さえたくさん持っていれば幸せかというとそうも言いきれません。人間だれしも一人では生きていけませんから、隣に誰か居てもらう必要があります。そして、人と人との関係、とりわけ深い関係性はお金で買うことはできません。こればかりは、いくらお金を借りて支払ったとしても手に入れられるものではありません。

お金を借りるなら、無利息を選ぼう

お金を借りるとなると、利息の計算が必要不可欠になります。様々な金融機関がある中でお得にお金を借りるのであれば、やはり利息は無いほうが嬉しいですよね。とはいえ何も考えずにお金を借りると、無利息とはいえ返済が厳しくなるので、きちんと自分が返済出来るよう計画して借りることが大切です。


短い期間でお金を借りる

初めての方には30日間無利息でお金を借りるサービスを実施している会社もあります。その期間内であれば、限度額内で何度でも借入と返済が可能です。給料日には返済出来るが、今すぐまとまったお金が必要だという方にはうってつけです。


繰り返し無利息でお金を借りる

消費者金融の中には、返済が完了してから一定の期間が立った後、再度無利息でお金を借りることが出来るところもあります。だからといって、何度も何度もお金を借りて気がついたらうまく運用出来なくなっていたということにならないように注意しましょう。簡単に手に入るとなると、貯金など考えずにすぐお金を借りる人になることもあります。

自分がどういうお金の使い方をしているか、どのように今後お金を使っていくか良く考えてから、お金を借りることを考えましょう。無利息とはいえ、しっかりと返済期間を意識しないと、無利息ではなくなり、返済に追われる日々が続いてしまいます。

リボルビングでお金を借りる!?

お金を借りるとき、その支払い方法について、よく考えてみたことがありますか?
その支払い方法って?と思われた方は、すでにアブナいかもしれません。では、何がアブナいのでしょう?


<リボルビングのワナ>

リボルビング、通称「リボ払い」は毎月、定額で分割して払っていく支払い方法です。具体的に言えば、毎月5千円なら5千円ずつ支払っていく方法ですね。これは毎月金額が決まっているし、払えない額に設定してないので、生活も楽そのものです。中には、リボ払いでポイントが溜まっていくカードもあって、お得感もあります。
でも、ちょっと待ってください。毎月送られてくる明細書をよく見ていますか?そこには衝撃的な事実が載っていませんか?
毎月、5千円入れて、元金はいくらずつ減っていますか?元金がほんの少しで、5千円のうちほとんどが利子に消えていませんか?
そうです。リボ払いは利子だけを払い続けているようなものです。喜ぶのは、カード会社だけですね。


<リボルビングは小額のお金を借りるときだけ>

あと、リボルビングの最大の落とし穴は一括払いのものをリボルビングに変えることはできるが、一度リボルビング払いにしたものは、また一括払いにはしてもらえないことです。つまりちょっとボーナスが出たからと、一括で全部返してしまおう、というのは通らないのです。ただ、延々と、少しずつ高い金利で払い続けるしかないのです。
リボルビングはどうしても払えないときだけ、しかも小額のお金を借りるとき、ですね。

お金を借りるなら即日審査で直ぐに簡単に

お金を借りるというと、ややこしい書類や審査などを想像してしまう人はまだまだ多いかと思います。しかし、今はお金を借りることのできる場所なども広がり、審査なども非常に簡単になっているのです。時間のかからない融資などもあるので、即日審査のサービスを知っておきましょう。


お金を借りるためにかかる時間に注目した商品

スピードキャッシングなどは、お金を借りるためにかかる時間に対して強くあったニーズにこたえたものだそうです。消費者金融が開始したもので、クレジットカードや公共料金の利用引き落としまでに入金をしたい、支払い期限を過ぎたくないなどの緊急時の審査申し込みも、早いものは30分から1時間程度の時間で結果を出し、契約、振込まで終わらせることも可能となって、人気も高くなっています。


目的の幅も広いので使いやすい

キャッシングローンの利用目的そのものも、ほとんど自由と設定しているのがフリーキャッシング、スピードキャッシングでは特徴的です。事業性資金など、会社としてなかなか返済できない可能性が高いと判断したこと以外には、ほとんど使えると考えていいかと思います。生活費などにも使えますし、遊ぶお金にもできる、という金融商品は、キャッシング商品以外には少ないようですね

銀行でも少ないお金を借りることができる

銀行でお金を借りるというと、住宅ローンや不動産ローンなどの、大きな融資をさすものというイメージが強い人も多いかと思います。このようなローンではお金を借りるために担保や保証人も必要となっていましたから、余計に、敷居が高いというイメージがあったかと思います。


少ないお金を借りることができるサービス

少ない金額で、保証人などの制度もいらないものは今まで、消費者金融などがメインで行っていた少額ローンというものでしたが、銀行でも、このように気軽にお金を借りることのできるローン商品の扱いが増えているそうです。中でも、即日キャッシングなどと呼ばれている、スピード処理をメインにした商品の人気は、銀行系カードローンでも高いと言われるそうです。


利息も安いことが多い

銀行系カードローンなどと言われるサービスでは、今まであった消費者金融の商品よりも少額ローンの利息が安いことも多く、利用者も徐々に増加しているそうです。消費者金融では明確になっている借金が可能な上限金額も、銀行では明確に年収に対する制限などもないことから、審査そのものは厳しいことも多い代わりに、限度額の高いものも扱いが増加しているそうです。特にネットバンクは勢いがあると言われるそうです。

お金を借りるなら返済に便利なところで

あと少しだけ、生活費や交際費などが足りないという場合には、消費者金融や銀行が行う少額ローンというサービスでお金を借りることができるそうです。審査にも必要な書類が本人確認書類だけでいいなど、お金を借りるときにかかる負担は少なくなっているそうです。


お金を借りるなら返済日もチェック

お金を借りるときにも、もちろんお金を返済するためのやりくりや計画などもきちんと考えていることと思いますが、返済にかかる手間が案外大きいと、ストレスになりやすいそうです。利息などはもちろんですが、返済する日付なども忘れずに確認しましょう。返済日は選ぶことができる会社が増加していきているそうですから、選べる場合には、お給料日などとのバランスのいい日を選びましょう。


ATM手数料などもチェック

返済でも借り入れの際にも、お金を借りる会社の多くがATMの活用を行っています。そのため返済ではATM手数料が無料でも、追加借り入れなどでは手数料がかかるという会社もあるそうです。消費税増税で手数料も高くなったところが多いと言われていますから、ATMなどの利用手数料を無料で利用できる会社かどうかというのも、無駄なお金をかけずに返済や借り入れを行える会社かどうかのポイントになるかもしれません。

お金を借りる制限を知ろう

キャッシング行う金融機関に、消費者金融や銀行など、どんどん身近になってきていると言われているそうです。審査にかかる時間も、銀行まで即日融資などのサービスを開始したこともありますし、敷居そのものは非常に低くなっていると考えられるでしょう。


お金を借りる上限はどうなっている?

簡単に借りられる、という認識をしてしまいがちですが、お金を借りるための審査では、貸し過ぎないことや、返済をきちんと遂行できる人にしか貸さないという判断を行っているそうです。消費者金融と銀行でも上限が変わってきますが、明確に上限を定めているのは消費者金融で、年収の3分の1までと定める総量規制という法律もあるのだそうですから、身近になっても、上限もなく、どんどん使えるとは思ってはなりません。


自分に収入があることを原則に

一部の銀行では専業主婦に限定して、収入が本人にない場合の融資も行うそうですが、お金を借りる場合には、原則としてアルバイトなどでもいいので、安定して毎月の収入を得ていることが条件になっているそうです。無条件にお金を貸してくれるというわけではなく、返済がきちんとできる条件がある場合に、その人の収入に合わせて無理のない金額の貸し付けを行っていると考えるといいかもしれませんね。

お金を借りると将来の大口融資はどうなる?

少ない金額で、少しだけ足りないお金を借りることのできる場所が増加傾向にあるそうです。消費者金融や銀行で、審査に多くの手間をかけずに利用できるということから、若いときに借りた経験があるという人も多いそうですが、将来への影響を不安に思う人もいるかもしれませんね。


お金を借りると住宅ローンに影響する?

簡単に審査を終えることもできる少額ローンでお金を借りることで、その経歴そのものは住宅ローン審査でもわかると言われています。そのため、何も融資を受けたことがないという人よりは、やはり少しばかり銀行なども気にすることがあるかもしれないそうです。しかし何より印象が良くないのは、返済が大幅に遅延する、かえしていないお金があるというような事故情報だそうです。


返済をきちんと終えること

返済が一度や二度遅れても、今すぐに何か大きな影響は確かにありませんが、やはり将来的に大きな融資を受ける可能性などを考えると、できればお金は借りないほうがいいですし、クレジットカードなども含めて、割賦払いで延滞や滞納があることは非常によくないと言われるそうです。そのため今、お金を借りるのだとしたら、返済にはより細かく気を付けて、繰り上げ返済などでなるべく早くに借金をなくすようにがんばりましょう。